シータヒーリングとの出会い②

シータヒーリングとの出会い①の続きです。

イメージ画像彼女に教えてもらって、現役脳外科医である串田剛さんが書かれた本『脳波にはたらきかけて健康になる シータヒーリング』(←Amazonへのリンク)をすぐに購入して読みました。

いったい、シータヒーリングとは何なのか?を知りたかったのです。

(この本は、はじめての人にもシータヒーリングがどんなものか分かりやすく書かれていて、入門書として最適だと今でも思います。)

読んですぐ「私もシータヒーリングを学びたい!」と強く思いました。

 

当時、次男が0歳の赤ちゃんだったので、子供を預けて合計3日間の終日セミナーに出席するのは、とても難しく思えました。

実際に、場所や日程の条件にあうセミナーをなかなか見つけられなかったのです。

 

ですが、偶然とても良いご縁に出会うことができ(今から思うとこの先生との出会いも“必然”だったのかも知れません)インストラクターの先生が私の自宅まで出張してくださり、幸いなことに先生とマンツーマンでセミナーを受けることができたのです。

それも、赤ちゃんといっしょに受けることをOKしてくださいました。

 

基礎DNAセミナーを受講しながら、私は不思議な気分を味わっていました。

それまで敬遠していたはずの“スピリチュアル”な概念についてもなぜか懐かしい感じがしたのです。直感的に「私、これを知ってた」という気がしました。(デジャヴというやつですね)

基礎DNAセミナーを受けてすぐに、「私もインストラクターになりたい」と思いました。

それくらい、シータヒーリングが私の進む道だと(明確な理由が自分でも分からないまま)導かれるように確信していました。

 

すぐに次の段階の応用DNAセミナーを受け、個人セッションの提供も始めました。

心理カウンセラーになることにあれだけ迷いがあった私なのに、シータヒーリングプラクティショナー(施術者)になることにはまったく迷いもためらいもありませんでした。

今から思い返しても不思議なくらいです。

 

私の迷いなくシータヒーリングに没頭していく姿勢は、そのまま“結果”として現われました。

お客様から「現実が、良い方向に変わりました」という喜びの声をいただけるようになり、リピートしてくださる方も次々あらわれました。

かけだしのヒーラーであっても、必要としてくださる方に出会えるようになったのです。

 

基礎DNAセミナーを受講してから半年もたたないうちに、創始者ヴァイアナ・スタイバルさんの来日セミナーを受講して

  • シータヒーリング基礎DNAセミナー インストラクター
  • シータヒーリング応用DNAセミナー インストラクター
  • 豊かさと願いの実現 インストラクター

の資格を得ました。2014年4月のことです。

イメージ画像

その後、「インチュイティブ・アナトミー」や「存在の層」といった上位セミナーを受講し、さらなる自分自身の変化とスキルアップを目指していくことになります。

 
心理カウンセリングとシータヒーリングの融合
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA