「根拠のない自信」ほど最強(最恐)のものはない

イメージ画像

最近では、「潜在意識(せんざいいしき)」という言葉が一般的に知られるようになってきました。

潜在意識とは、かんたんに言って「ふだん、本人がまったく気づいていない意識」のこと。

深い部分に潜って(もぐって)しまっているので、「潜在」と呼ぶのです。

ところが、深く潜って気がつかないものなのに、あなたを大きく支配しています。

潜在意識があなたを支配する ~習慣・癖・思いこみ~

潜在意識の代表例が、あなたの習慣。

朝起きたら、まずトイレに行きます。歯を磨いて、顔を洗います。

そういう一連の流れを、「さあ、トイレ行くぞ!」「さあ、歯を磨くぞ!」といちいち決意したりしません。

いつもやってるから、今日もやる。それだけです。

こういった習慣は、「潜在意識」のなかに保存されています。

 

良い習慣ならまだしも、悪い習慣もあなたを支配しています。

  • 恋人や家族にむかって、つい暴言を吐いたり暴力をふるったりしてしまう。
  • イヤなことがあると、ついお酒とギャンブルに逃避してしまう。

こういう「やめようと思ってもやめられない」行動や癖も、あなたの「潜在意識」にすりこまれてしまっています。

 

習慣や癖とはまたちがう、別の「潜在意識」の例もあります。

バリバリ仕事をして、たくさん稼ぐビジネスマンがいるとします。
ところが全然お金を貯めることができません。

こういうタイプの人に、「どうして貯金しないの?」と質問すると、彼らは「なくなってもまた稼げばいいから大丈夫」と、明るく答えたりしますが…

膝をつきあわせて、深く深く話を掘り下げて聞いていくと、

「お金を持つことが怖い」

という思いや考えに行き着くことがあります。

 

たとえば、幼少期にお金持ちにひどい目にあわされたとか、仲良しだった両親が、成功してお金が入るようになった途端にケンカするようになり、最後はお金の問題で離婚したとか。

「お金持ち」「お金」について強烈なネガティブ体験があったりすると、

  • お金を持つとロクなことにならない。
  • お金のせいで、愛する人と別れる。
  • 私はお金を持っていてはいけない。

などと、意識の深い部分で思いこんでしまっていることがあるのです。しかも、本人はそのことに気づいていないケースがほとんどです。

お金を持つことに恐怖や禁止があるので、たくさん稼いでもお金を持っておくことができません。
これが、【お金が貯まらない真の理由】です。

 

このような「思いこみ」が気づかれないのは、「潜在意識」のなかに隠れているせいです。

 

こういった「本人ですら気がついていない意識(思いこみ)」を表面にうかびあがらせて、それをプログラムしなおすのが私の仕事の1つです。

 

根拠のない自信は、潜在意識にかくされた最強(最恐)の思いこみ

さて、

「根拠のない自信」も、潜在意識のひとつです。これは「最強の思いこみ」になります。

これは誰にでもあります。

ちょっと考えてみてください。
あなたが、「なんで?って言われたら困るけど、これはなぜか自信がある」と思うものです。

  • なんで?って言われたら困るけど、なぜか私、記憶力はいいんです。
  • なんで?って言われたら困るけど、なぜか私、友達には恵まれてるんです。
  • なんで?って言われたら困るけど、なぜか私、くじ運がいいんです。

みたいなものです。

これらは「なんで?」と聞かれたら、

「なんでだろうね?だって、今までもそうだったし」

と、本人さえ理由を明確にできないようなものだったりします。

 

ですが、この「根拠のない自信」があると、

ストレスなく、必要なアクションを起こせる

だから、良い結果が出る

素直に結果を喜べる

ますます、根拠のない自信が強くなる

という、好循環が生まれるのです。

 

ところが逆に、上のようなポジティブな例ではなく、ネガティブなことについて「根拠のない自信」があると、【強力なネガティブ現実製造機】になります。

たとえば

「私は【運が悪い】ことに自信があります」
「なんで?って言われたら困るけど、なぜか私、運が悪いんです」

だと、「私=運が悪い」がその人にとってのスタンダードなので、言動もどこかオドオドした卑屈なものになるし、被害者意識が強くなって不平不満をいつも抱えることになります。

当然、その人の現実は、「運が悪いもの」になります。

そして、「ああやっぱり」と思えば思うほど、「私=運が悪い」という根拠のない自信がますます増幅されて悪循環になります。

 

あなたはどうでしょうか。

あなたの、「根拠のない自信」は何がありますか?

 

「根拠のない自信」を持ちたいあなたへ

誰でも、ポジティブなことについて「根拠のない自信」を持ちたいですよね?

あなたはどんな分野で「根拠のない自信」を持ちたいですか?

たとえば、

  • 私はカッコ良くないけれど、「異性にモテる」という自信を持ちたい
  • 学歴も職歴もたいしたことないけれど、「稼げる」自信を持ちたい

のようなものです。誰にでもひとつくらいはあるはずです。

イメージ画像

さて、ここであなたにお聞きしたいのは、「そもそも根拠なんてものは必要か?」ということ。

あなたは、自信をもつために

「もうちょっとカッコ良ければなぁ…」
「もっと頭が良ければ…」

などと「根拠」がほしくなるかもしれませんが、そもそも自信を持つのに根拠なんて必要ないのです。

 

なぜなら、理由は次のとおりです。

たとえば、一流アスリート同士とか、一流アーティスト同士のカップルに子供が生まれたりすると、「最高の遺伝子を持った子供が誕生!」などとマスコミが言ったりします。
(ダルビッシュ有さんと山本聖子さんにお子さんが生まれた際もそんな風に言われましたね)

でも、受けつがれた遺伝子が、両親のようになれるよう発現するとはかぎりません。

そもそも、該当の遺伝子を受けついでいるかどうかも分かりませんし、受けついでいても、それを発現させる「ON/OFF」スイッチが「OFF」になっていれば無意味です。

 

実際にそうですよね?
優秀な両親のあいだに生まれながら、遺伝子を発現させていない「平凡な人」はゴマンといます。

遺伝子という最強の「根拠」ですら、けっして自信の源にはなってくれないのです。

 

逆に、家系的にとくにきわだった才能に恵まれたわけでもない人が、「オレはできる!」と強烈に思いこむことによって、どんどん行動を起こし、成功を手にしている例もたくさんあります。

 

この場合、「オレはできる!」という強い自己暗示がなんども繰り返され、行動を起こし続けたことによって、潜在意識にすりこみがおこったのです。

結果的に「根拠のない自信」が作りだされたというわけです。

 

結局、根拠を求めることがナンセンスです。

「根拠があろうがなかろうが、決めて、思いこみ、行動するから、自信を持つ」

が真実です。

 

「根拠のない自信」を後天的に作り出す方法

自分がどのようになりたいか?目標をまず決めます。

そして、目標を達成するための行動をしていきます。そして結果を見て、目標を修正したり行動を修正したりしていきます。

…これ、どこかで聞いたことがある手順ですよね。そう、ビジネスの現場でよく使われる「PDCA」サイクルです。

 

結局、ビジネスだけではなく、人生も「PDCA(計画、行動、評価、改善)」に他なりません。

最初に「P(計画)」が来るんですから、「決める」ことが、まず、すごく大事なんです。

自信があるから決められる、んじゃなくて、
自信があろうがなかろうが、「最初に決める」んです。

 

自信は、プロセスのなかで、結果的に手に入るというだけのことです。

もしあなたが、「自信がないから◎◎できない」と思っているとしたら、それは「自信のなさ」を、「決めない・行動しない」言い訳に使っているだけです。

 

かしこく、幸せになっていきましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA