人生には戦わなければならない瞬間がある

真理子です。

とても直観的な発言ですが、私は

「人生には、その人がこなさなければならない宿題がいくつかある」

と思っています。そして、そのうちのひとつが

「人生には、戦わなければならない瞬間がある」。

イメージ画像

戦うといっても、戦争するわけではないです。

武器をもってヤクザやチンピラのように戦うわけでもなく
(その必要がある人もいるかもしれませんが…)

「あなたにとって大切なものを大切にするために、
本気でNO!と言わなければいけない瞬間がある」

ということ。

昨日、お客様よりご相談メールをいただきました。

いわく、
「親戚が約束を守らなくて困っている。今まで何度も何度も約束が破られた。
いくら怒っても通じない。もう、呆れてしまっています。」
というもの。

それに対して私はこのようにお返事しました。(一部抜粋)

— — —
なぜ、「金輪際、あなたと約束しない。二度としない」と通告しないのでしょう。

○○さん(お客様)のほうに、その親戚の人をつっぱねない理由があります。

おそらく、その相手には口酸っぱくお説教はしているのだと思いますが、
要するに「なんだかんだいって許してくれる」と相手に見抜かれているんです。
それは「甘え」であり、きつい言葉でいうと「なめられている」んです。

じゃあ、なんでなめられるんでしょうか?
○○さんが、女性だから?

いいえ、違います。「私はなめられる」「私はなめられても仕方ない」って
○○さん自身が思っているんですよ。
— — —

起こっている現象にはかならず理由があり、その理由にも意味があります。

起こっている現象が嫌なのであれば(今回のケースでは約束破り)、
その現象が二度と起こらないように 【行動】 しなければいけないのです。

今回のお客様には、以下をアドバイスとしてお伝えしました。(それを採用されるかどうかはお客様次第です。)

  • 次に約束を破ったら、もう二度とあなたの相手をしないと宣言すること。
  • それを、【最後通告】として相手に【何度も何度も】伝え分からせること。
  • そして、やっぱり約束が破られたら、その宣言をかならず実行すること。

どれだけ相手が泣き落としをしてきても、突っぱねるのです。

おそらく○○さんの心は、何度も揺らぐでしょう。仏心(ほとけごころ)が出て
許してあげようか…と迷うと思います。

ですが、ここで許してはいけません。なぜなら、それは結局
「ほ~ら、やっぱり許してくれた」
と、相手の「なめる態度」をさらに増幅させるからです。

 

なぜこんなレッスンをお客様にお伝えしたのか?
それは、

「私は、私をなめる相手とは、付き合わない!」

と、○○さん自身が【 実際に体験する 】ことが必要だからです。

これは、

  • 「私」から大切なもの(時間、お金、愛情、…)を奪っていくものにNO!を伝え、
  • 「私」が「私」を大切にする、と自分に約束する

プロセスなのです。

イメージ画像

 

あなたとの約束を平気で破るような人間が、
あなたの時間を奪っても謝りもしないような人間が、
あなたを傷つけてもへっちゃらな顔をしている人間が、

本当にあなたにとって大切な人ですか?

その人は、本当にあなたを大切にしているといえますか?

血がつながってるから、パートナーだから、友達だから、後輩だから、
あなたが犠牲にならなければならない理由はありますか?

 

あなたが大切にするべきは、あなた自身です。

あなたは、相手の<泣き落とし>を、いったい何回見てきましたか?

 

ちなみに、今回のお客様は、次のセッションご予約が入っています。
その際に、

  • 私はなめられる
  • 私はなめられても仕方ない

という思い込みについて、掘り下げて土台を明らかにし、
「思い込みの置き換え」や「感覚感情のダウンロード」をおこなう予定です。

あなたにも、これらの「なめられる」について思い当たる節があるならば

個人セッションご予約はいつでもお待ちしています。
⇒ 個人セッションのお申し込み・ご予約はこちら(専用フォームが起動します)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA