苦しいのは「その地図、間違ってるよ」と教えてくれる人がいないから

真理子です。

人生を旅にたとえることがよくあります。
最終目的地がどこか、分かっている人もいれば分かっていない人もいるでしょう。

でも、中間目的地または経由地として
「次は○○に行きたいな」という場所が、たいていの人にはあるはずです。

それは、「結婚したい」だったり「年収○○円が目標」だったり
「○○が上達したい」だったり「体重○○kgになりたい」だったりします。

その中間目的地までの道のりに、あなたは【役に立つ正しい地図】を持っているでしょうか?

イメージ画像

現実の本当の旅であれば、あなたは事前に準備をします。

経路を調べますし、交通・宿泊の予約をします。

たとえ行き当たりばったりの旅をする場合でも、
少なくとも、今いる場所から東西南北どちらの方角に進むかは
決めなければいけません。

どの方角に行けば何時間でどこまで辿りつけるか
そこには何がありそうか、お金は足りるか、あなたは見当をつけるはずです。

 

ところが、人生という旅においてあなたは往々にして
【役に立たない地図】を握りしめています。

「日本では、北に向かうと、どんどん暖かくなります」と書いてあるくらいの
間違った、役に立たない地図です。

 

例を挙げましょう。
あなたが持っている地図にこう書いてあります。

『夫に愛されるためには、我慢が必要です。
 あなたが主張することは、あなたのワガママです。
 夫の言うことにすべてYESと言いなさい。
 あなたが我慢していたら、夫はあなたを好きになります。
 あなたの我慢はきっと分かってもらえます。
 いつか報われて、あなたは幸せになれます。』

ちなみに目的地は、『幸せな結婚生活』

どうでしょう。これ、役に立つ正しい地図でしょうか?

私からすると問題だらけです。ツッコみどころ満載です。

  • 夫に愛されるためには、我慢が必要です。

 ⇒ 「我慢=夫の言いなり」ならば、少なくとも尊重される愛はそこにありません。

  • あなたが主張することは、あなたのワガママです。

 ⇒ ワガママではない、当然の主張もあるんじゃないですか?

  • 夫の言うことにすべてYESと言いなさい。

 ⇒ あなたが納得できないことに、なぜYESという必要がありますか?

  • あなたが我慢していたら、夫はあなたを好きになります。

 ⇒ あなたが我慢を続けると、夫はますます、あなたに我慢をさせます。
   あなたがそれを許しているからです。

  • あなたの我慢はきっと分かってもらえます。

 ⇒ 分かってもらえる日がくるかも知れませんが、そのときは
   結婚生活が終わる時かもしれません。

  • いつか報われて、あなたは幸せになれます。

 ⇒ あなたが幸せになれるのは、あなたの我慢が報われるからではありません。

 

他人事ならば、「それっておかしいよね」と言えるのですが、
いざ自分のことになると、あなたも同じようなことをしてませんか?

 『夫の言うことにすべてNOと言う』

という地図を持ってる人もいるでしょう。これも同じことです。
その地図を持って、あなたはどこへ行きたいのでしょう?

『夫』の部分を『姑』に変えたらどうですか?『上司』に変えたらどうですか?

姑の言うことに逆らえない。上司の言うことに逆らえない。
そんな人はたくさんいるのではないですか?

 

あなたは、『この地図は正しい』と思って、握りしめているのです。
なぜなら、あなたの過去の人生で、目の前にその地図しかなかったから。
選択肢がなかったのです。

そして、『その地図、間違ってるよ』と教えてくれる人が誰もいなかったのです。

 

もしあなたが、『幸せになりたいのになれない』
『この苦しみがいつか終わると信じてきたけど、終わらないような気がしてきた』
ならば、

  1. あなたの持っている地図の内容を確認する
  2. その地図がホントに正しいか?を点検する
  3. 地図が間違ってるなら、修正するか、別の地図を手に入れる

ことをしましょう。

もしかしたら、

0. 目的地が本当に行きたい場所か?を確認する

ことが必要かもしれません。

 

私の個人セッションでは、上記0.~3.を全部やります。

人生の迷子になっちゃってるかも?と思ったあなたにとって、
地図をいっしょに確認してくれる存在がいるのといないのとでは、
目的地までの到着時間が全然ちがいますよ。

お問い合わせ・ご予約はこちらから(専用フォームが開きます)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA