「他人を変えることはできない。」の本当の意味とは?

真理子です。

2015年3月は大塚家具のお家騒動
(父親VS.娘の対立)が大きな話題になりましたが、

あなたご自身を取り巻く人間関係は
いま、どんな感じですか?

親子関係、夫婦関係、恋人、友人、
職場の人間関係…etc.

私たちは日々たくさんの人間関係のなかで暮らしています。

  • 「相性が合う・合わない」関係
  • 「ストレスを感じる・感じない」関係

がそれぞれあると思います。

 

個人セッションでクライアント様からお話をうかがうと、
人間関係の悩みは、ほぼ100%
「相性が合わない」
「ストレスを感じる」相手とのコミュニケーション
についてです。
(相性が良くてストレスを感じないのであれば、
問題は何もないので話題にのぼりません。)

 

悩んでいれば悩んでいるほど、苦しんでいれば苦しんでいるほど、

「どうすれば相手が・状況が変わって、この問題が解決するだろう?」

と考えます。

 

あなたはどうでしょうか?

  • 怒りっぽくすぐキレるのをやめてほしい
  • 私に干渉してこないでほしい
  • もっとかまってほしい
  • もっと真面目に○○してほしい
  • もっと家事育児に参加してもらいたい etc.

そんなふうに「相手に変わってもらいたい」と思っていないでしょうか?

イメージ画像

よく、
「相手を変えることはできない。変えられるのは自分だけ」
と言います。

その言葉にしたがって、
「相手を変えるために、自分の言動を変える」
ことをする人がいます。

“恋人にウザイ・重いと思われないよう
我慢をして、自分から連絡せず誘われるのを待つ”

というような行動は、まさしくこれの典型です。

目的はあくまで「相手に重いと思われず、誘ってもらう」ということですから。

これは結局、相手を変えようとしているのと同じです。

 

その試みは、うまくいくと思いますか?

多少の効果はあるかもしれませんが、

結局、「相手を変えることはできない」のは事実ですし
あなたがもし自分の欲求をねじ曲げていたら
そのストレスがあなたに跳ね返ります。
思った通りにならないイライラが募ることになるでしょう。

 

じゃあ、いったい、自分の何を変えられると思いますか?

それは、

『どんな人間関係を自分の人生に招き入れたいか?』

というあなたの人生のビジョンと意欲です。

 

「相性が合わない」
「ストレスを感じる」相手とのコミュニケーション

は、あなたにとって必要でしょうか?

  • もし【人生の学び】として必要なのだとしたら、大いに学び、その学びを活用しましょう。
  • 必要ない、むしろ害悪だと思うのでしたら、適切な方法で終了させましょう。
  • 必要かどうか分からない・判断できない、というのであれば、まずそのことに向き合ってしっかり考えましょう。

 

あなたにとって、あなたを取り巻く人間関係が
豊かで実り多いものになりますように。

そのために、私がお手伝いできることがあれば、ぜひご相談ください。

⇒ 人生のビジョンと意欲を取り戻すために: 個人セッションの詳細はこちら

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA