『でも』と『だって』を使わないゲームで気づくのは…

真理子です。

今日ご紹介する方法は、

「もっと成長したい!変わりたい!」
と思っている人が、

「成長を邪魔している思考・行動パターン」
に素早く気づいて、それを変化させる方法

です。

それはずばり

『でも』『だって』を一切使わないで、1日過ごしてみること。”

1日が難しければ、半日でもかまいません。なんだったら2~3時間でも構いません。

 

これは私自身が実践してみて「難しい!」「でも効果がある!」と実感(笑)したので
ご紹介します。

 

人間は誰も、その人の

  • 慣れている、いつもやっている
  • 親しみがある
  • 安心、安全と分かっている

環境、もの、方法、パターンを好み、(無意識に)それを選びます。

これは専門用語で「コンフォート・ゾーン」と言います。(「快適な領域」)

慣れた場所、いつもの環境、親しんだやり方が安心なのです。

スポーツ選手はアウェーの試合よりもホームでの試合のほうが
パフォーマンスを発揮しやすいですし、

会社員は、会社でいつもの自分の席に座り、
慣れた手順で仕事をおこないます。

また逆に、

行き慣れない高級レストランに行くと、緊張して不安になってしまうのは
それが「コンフォート・ゾーン」から逸脱するからです。

イメージ画像

このように「コンフォート・ゾーン」は、
あなたを守ってくれて安心させてくれる、大切な役目を果たしています。

 

しかし、ときに「コンフォート・ゾーン」は「ぬるま湯」と表現されることがあります。

あなたが成長しよう!変化しよう!とするときに
その変化をさせないように、
あなたの足を引っ張ってしまうことがあるのです。

今日のワークは、その「あなたの足を引っ張ってしまう」役目を果たすものを
見つけ出すワークです。

 

さて、毎日のあなたの生活では

コンフォートゾーンを打ち破る出来事は、実は気づかないだけでしょっちゅう起こっています。

  • 上司から「今日から新しい仕事をやってほしい」と言われたり、
  • 恋人から「こんな髪型が似合うと思うから、いちどやってみたら?」と言われたり、
  • 子供から「今日の晩ごはんは◎◎がいい!」と、材料のない物をリクエストされたり、
  • 取引先から苦手なゴルフに誘われたり、
  • 予想外の雨が降って、約束の時間に間に合わなかったり、…

あなたの、「いつもの●●」を揺さぶるようなことは、かなりの頻度で起こっています。

 

そんなときに、

『でも』『だって』を一切使わない”

を、やってみてください。

たとえば、上の例で行くと

  • 「今日から新しい仕事をやってほしい」 ⇒ 「いえ、だって、今の仕事で手一杯です」
  • 「新しい髪型にしてみたら?」 ⇒ 「でも、それ似合わない気がするから…」
  • 「晩ごはんは◎◎がいい!」 ⇒ 「だって、材料がないもの、今日は無理」
  • ゴルフに誘われた。 ⇒ 「いや~、でも、やったことがないんでちょっと…」
  • 遅刻した。 ⇒ 「ごめん。だって雨が降ると思ってなくて、傘を買いに行ってた」

など、いままで「NO」と断ったり、理由言い訳を伝えていた場面で

それができなくなります。

 

実際には、『でも』や『だって』を使わざるを得ないことが多々あるでしょう。
(なので、実際はそこは臨機応変に対応してくださいね(^_-)-☆)

 

ただ、

『でも』『だって』を一切使わない”

を意識してみるだけで、

いかに私は、『でも』『だって』を日常的に使っているか?
そして、それが
ときに私が新しい挑戦をしたり、新しい変化に向かっていったりするのを妨げているか?

に気づけるのです。

 

言葉に出して言わなくても、
あなたの頭のなかで『でも』と『だって』がたくさん使われているのにも
気づけるでしょう。

 

私はこのワークをしてみたところ、1日もたたないうちにヘトヘトになりました(笑)。

そのくらい、私たちは『やらない言い訳』をたくさん持つのです。

それが良いか悪いかはともかくとして、

新しい挑戦を回避している自分に気づくだけで、
あなたが成長するためにおこなう、次の選択が変わってきます。

まず、気づくことが第一歩です。

 

ぜひ、やってみてくださいね。

やってみた方は、ぜひご感想をきかせてください(*^_^*)
楽しみにしています♪

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA