キレッキレのオタクより100倍カッコ悪い「夢を語る中途半端なナルシスト」

イメージ画像

日本語には「夢追い人」って中途半端にきれいな言葉がありますね。
「いつか◎◎したい」と言ってる人です。

  • いつか自分の店を出したい。
  • いつか本を出版したい。
  • いつか世界一周したい。
  • いつか音楽で食っていきたい。
  • いつかフランスに住みたい。etc.

 

こういう、「いつか◎◎したい」と言ってる99%は
「中途半端なナルシスト」です。

「夢を持ってる俺って(私って)カッコいい」と思ってます。

 

いやいやいやいや!!

めちゃくちゃカッコ悪いですって。

 

このままいったら、夢が絶対かなわないのが保証されてます。

夢を語る中途半端なナルシスト、私の友人知人にもわんさかいますよ。
(だから99%という数字です。ちなみに、男女とわずです。)

夢という言い方がピンとこないなら、目標と言い換えてもいいです。

 

「夢(目標)を持つのが悪いことなのか?!」と
ヒステリックな反論が聞こえてきそうですが、そんなこと言ってません。

どうせ夢(目標)を持つなら、本気で向かえや、って話です。

本気で向かってる人は、私の文章に対して、決してヒステリックになりません。
図星だから、反論したくなるのです。

 

夢をホントにかなえる人はキレッキレのオタクと同じ

ちなみに、私の友人知人にも、数少ないながら
「夢に本気で向かっている」「中途半端なナルシストじゃない人」はいます。

 

その数、わずか1%。
圧倒的に少ないので、そんな彼らは手で数えられます。

この人たちは、圧倒的に、夢をかなえる可能性が高いです。
というか、すでにかなえ始めてます。

 

彼らの共通した特徴は、ほぼ全員、中身がキレッキレなこと。
切れ味するどく、ブレがありません。

 

夢をかなえるために、非情な決断をくだすし、選択に迷いません。
コロコロと戦略が変わることがあっても、基本の信念はブレません。
人のせいにしないし、行動します。

 

まるでアイドルオタクが、特典やチケットを手に入れるために
何の迷いもためらいもなく、恥ずかしげもなく、
ン百枚もCDを買ったりするのと、本質的になんら変わりません。

オタクの人たちも、中身キレッキレに振り切ってますよね。

目的を果たすため全力投球です。

 

イメージ画像

キレッキレな中身と、「見かけ・言動」は無関係

誤解のないよう言いますが、中身がキレッキレなことと、
壮言大語を言うビッグマウスはまったく関係ありません。

自信家そうに見えるかどうかも、正直関係ありません。

見ためはおっとり、ふんわりの人もいます。

 

また、有言実行かどうかも無関係です。

誰にもなんにも言わず、ひっそりかなえてる人もいます。

 

中途半端なナルシストのまわりには、同類しかいない

そもそも私が、「夢を語る中途半端なナルシスト」だったのです。

この事実に気づいて、気持ち悪さで反吐が出そうです。

類は友を呼ぶで、私がそうだったから、
こんなにまわりに「夢を語る中途半端なナルシスト」を集めてしまったのです。

 

もう気づいてしまったので、私は完全にキレッキレなほうに行くと舵を切りました。

もし、まだあなたが10代、ギリ20代なら、
「若さゆえのあやまち」で笑えますが、

30代、40代だったら、かなりヤバイです。

 

いますぐ、完全に目を覚ましてキレッキレなほうに移動しないと、
生きてるうちに夢をかなえるのは絶対にできません。

もう40代の私が、断言します。

 

中途半端なナルシストが盲信している5つのキレイゴト

「いつか◎◎したい」と言ってる99%の気持ち悪いナルシストは
♡キレイゴト♡大好き♡です。

今からあげる5つのキレイゴトを信じて、心の支えにしています。

 

もし自分が「99%の中途半端なナルシスト」に入ってるんじゃないか、と
ドキッとするなら、今日これを読んで目を覚ましてください。

その5つとは、

その1) 自分はまだまだできる。こんなもんじゃない。

その2) チャンスは、まだある。

その3) いまインプット(勉強)して、準備しているところだ。

その4) 好きなことだけすると決めている。

その5) 分かってくれる人だけ、分かってくれたらいい。

ああ~~~~、気持ち悪い!!!

 

その1) 自分はまだまだできる。こんなもんじゃない。

「自己肯定感」という言葉が最近のトレンドなので、
やみくもに自分を肯定しようとする風潮がありますが、もう、この発想がある時点でダメです。

この言葉、誰に向かって言ってるんでしょうか。

「まだまだこんなもんじゃないぞ。見ててくれ、信じてくれ。」
と、だれか他人に向かって言ってるんでしょうか。

「そうだね、君ならできるよ」って言ってもらいたいのでしょうか。

だとするなら、他人からの励ましに飢えている時点で、
まるで自分に自信がないのですね。

 

「違う、そうじゃない!自分はまだまだできると信じて、自分を励ましてるんだ!」という人。

本当に行くべき道を、全身全霊をかたむけて走っている人は、
わざわざそんな励ましを自分に対しておこないません。

だって、到達したい目的地まで、ペースを自己調整して、賢く走っていますから。

わざわざ、息切れして途中離脱しそうなバカな真似は、決してしないのです。

 

その2) チャンスは、まだある。

チャンスがある、いつか出会えるとまだ信じてるんですか?

いままで30年、40年生きてきて、棚からボタモチは降ってきましたか?

昨日まで起こらなかった奇跡が、これから起こると信じてるのですか?

とてもおめでたいです。

 

いまこの瞬間にあなたが変わらなければ、明日も、あさっても、ずっと同じです。

 

そもそも、明日あなたが生きている保証がどこにありますか?

明日、大地震が起きるかもしれません。
テロにあうかもしれません。
ミサイルが降ってくるかもしれません。

あなたの寿命は、あなたにも分かりません。

明日死んでも、あなたは「やりきった」と後悔せず逝けますか?

 

その3) いまインプット(勉強)して、準備しているところだ。

何の準備をしてるんですか。それはいつ終わるんですか。

そうやって言い訳して、行動したくないだけじゃないですか???

どんな準備も、行動しながら同時におこなえます。

 

いまあなたに必要なのは、インプットではなく、アウトプットです。

本当にかなえたい夢なら、いますぐ行動してください。

  • いつか自分の店を持ちたい。⇒いますぐ出してください。ネットショップなら0円で始められます。
  • いつか本を出版したい。⇒いますぐ何か書いてください。ブログなら今すぐ開設できます。noteを使えば、記事を売ることができます。
  • いつか世界一周したい。⇒いますぐ計画を立ててください。いつ行きますか。どこを周りますか。資金をいつまでにいくら用意しますか。
  • いつか音楽で食っていきたい。⇒いますぐ自作の作品を、Youtubeなどにあげてください。そしてSNSで拡散してください。あなたの作品に対するシビアな反応が、すぐ分かります。
  • いつか◎◎に住みたい。⇒いますぐ計画を立ててください。いつまでに、どうやって移住しますか。いまできることは何がありますか。

 

夢をかなえるキレッキレな人は、行動のスピードも、行動量も、あなたに比べて圧倒的に違います。

上でも書きましたが、信念にしたがって、迷わず選択、行動します。

アウトプット(行動)すればするほど、夢がかなうと知っています。

 

その4) 好きなことだけすると決めている。

「好きなことをしよう!」と推奨するのがいまの流行なので、
勘違いしている人がとても多いのですが、

「嫌いなことをする」と「苦手なことをする」は同じではありません。

 

「ワクワクが大事」
「嫌いなことはやる必要がない」と、
面倒なこと、苦手なことを避けまくる人がいます。

苦手なことでも、やらなければいけないことは、必ずあります。

それは面倒なパソコン作業だったり、
ファッションを整えることだったり、
お金の計算だったり、
人脈づくりだったり、
スキルの修得だったり、
分析リサーチだったり。etc.

会社組織だったら、だれかほかの人がやってくれていることを、
あなたは自分ひとりでやらなければいけないのです。

 

「やったほうがいいんだろうな」と頭で分かりつつも、
「苦手=やりたくない=やらなくていい」と自己判断して、避けまくります。

後ろめたい気持ちを、「好きなことだけするのが大事」と、正当化して隠すのです。

「吐き気がするほどやりたくない、これをやるくらいだったら、夢がかなわなくてもかまわない」ほどの嫌いなことはしなくていいですが、「やったほうがいい」ことは、全部やってください。

それでも、どうしてもやりたくないなら、
それを代わりにやってくれる人を雇ってください。

 

その5) 分かってくれる人だけ、分かってくれたらいい。

どんなベストセラー作家にも、
CDをミリオンを売るようなミュージシャンにも、
「良さが分からない」と言うアンチがいます。

あなたがどれだけ素晴らしい成功者でも、あなたの悪口を言う人は必ず現れます。

ですが、あなたを支持してくれる人も、必ず一定数います。

 

アンチの数はだいたい20%と言われており、
60%はどちらでもない人、20%はあなたを支持してくれる人です。

これは、人間関係における「20:60:20の法則」です。

ということは、少なくともあなたのまわりに、最低20%以上、
体感としては40~50%くらいの「支持してくれる(支持してくれそうな)人」がいなければいけません。

 

どうでしょうか。あなたは、そのくらいの体感を得られていますか。

あなたの夢を応援してくれる人が1人もいない、
またはほんの2~3人しか見つけられないのであれば、
実現可能性はかぎりなく低い
です。

なぜなら、人間がひとりの力で成し遂げられることは、ほとんどないからです。

すねたり、ひがんだり、妬んだりしてる場合じゃありませんよ。

応援してもらえるあなたになる必要があります。

 

夢をかなえる「1%」に入るために◎◎に火をつけろ

私が書いたこの文章は、本当は
「言われなくても分かっていること」ばかりだと思うのです。

実は自分はカッコ悪いんじゃないか、と、うすうす気づいていたはずです。

私も、自分が「気持ち悪い中途半端なナルシスト」だと
ハッキリ自覚したとき、恥ずかしさに悶絶しました。

そして、「怒り」を覚えました。

 

私は、これまでずっと、
自分のことを「勇気がない」「恐怖心や不安が強い」せいで
行動できないのだと思ってましたが、

そうではありません。

「怒り」をモチベーションにして、ガンガン行動することができなかった

のです。

 

かなえたい夢がある、ということは、現状への不満があるということです。
飽くなき欲求があるということです。

それは、必ず「怒り」のエネルギーとどこかで共鳴します。

 

でも、「怒り」を感じたり、「怒り」を燃料にして行動することを
私は幼いころに封印したため、パワーを全開に出すことができなかったのでした。

それがハッキリ分かったとき、もう「怒り」を抑えるのをやめる、と決意しました。

 

99%のうち、私と同じタイプの人も、いるはずです。

その人の「怒り」に着火することができるなら、本望です。

「お前にそんなこと言われたくねーよ!」と
私に対して怒りを感じるなら、

その怒りのエネルギーを、夢をかなえるモチベーションにしてください!!!

 

また、夢をかなえるために行動していく過程で、
絶対に仲間が必要になるときがあります。

そのとき、この記事がうっすら記憶に残っていたとして、私のことを思い出したら、ぜひ声をかけてください。

私が直接ではなくとも、私とつながった私の仲間が、あなたの仲間になるかもしれません。

そんな日がやってきたら、私は嬉しくて号泣しちゃいますね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう