創造主って何ですか?(シータヒーリングには宗教的な思想がありますか?)

この記事は2015年に書いた過去記事ですが、アクセスが多いので大幅リライトして再アップします。

イメージ画像

タイトルの

【シータヒーリング®には宗教的な思想がありますか?】

についてですが、結論から言いますと、まったくありません。

(上の画像はヒンドゥー教の神様のガネーシャ。象の形をしている神様で、ユーモラスですよね。画像が可愛かったので思わず載せてみました。笑)

 

シータヒーリングでは「創造主」という言葉を使うため、そう誤解されることが時々あります。

ですが、シータヒーリングはどのような宗教とも関係ありません。

 

シータヒーリングはもともとアメリカ発祥ですが、現在は洋の東西をとわず、世界各国・各地で学ばれ使用されているテクニックです。

たとえばインドやイスラエル、ロシアなど、それぞれそのエリアで篤く信仰されている宗教が存在するような国・地域でも、シータヒーリングのクラスは積極的に開催されていますし、世界各地にプラクティショナーやインストラクターが存在します。

シータヒーリングは、どのような宗教・思想をも否定することなく共存できる手法です。

ちなみに日本語版公式サイトはこちらです。

公式シータヒーリング日本語ウェブサイト

 

シータヒーリングで言われる「創造主」とはいったい何か?

さて、シータヒーリングの手法の特徴のひとつに、

プラクティショナー(ヒーラー)が創造主につながる

というものがあります。

で、「創造主とは何か?」ですが、創始者のヴァイアナ・スタイバル氏の言葉を借りると「すべてを包み込む純粋な創造のエネルギー」です。

 

もう少し分かりやすく説明しますね。

誰でも、これまで生きてきて、一度くらいはふと

「命はどのようにして生まれるのだろう?」

「物質はどんな風にこの世に誕生したのだろう?」

「宇宙はどのようにして誕生したのだろう?」

と考えたことがあると思うのですが、これらはすべて

無から有を作り出す【創造】のメカニズム

についての疑問です。

 

これぞ、自然科学分野において一流の学者さんたちが必死で解明しようとしている神秘ですよね。
宇宙の誕生について、生命の誕生について、物質とはなにか、反物質とはなにか、etc.。

 

シータヒーリングでは、この【創造】をおこなう【エネルギー層】が存在すると考えます。

非常に概念的で直感的なのは百も承知ですが、「すべての命の根源、すべての存在の根源」があり、万物がそこから生まれ、かつその中に万物が包含されているという考え方です。

髪の毛の一本一本も、
毎日生まれ変わる細胞のひとつひとつも、
空の星も月も、
地球も銀河も宇宙すらも、

その【創造のエネルギー層】から生み出されたと考えるのです。

そして、つねにその層のなかに私たちは存在し続けています。

 

イメージ画像

この【創造のエネルギー層】が作り出すものは、髪の毛や銀河といった、目に見えるものだけではありません。

あなたの頭のなかで毎秒毎瞬くりかえされる「思考」のような目に見えないものも、ここから作られます。

この【創造のエネルギー層】のことを、シータヒーリングでは創造主と呼びます。

 

創造主の呼びかたは実はなんでもいいのです

私は「すべてなるものの創造主(そうぞうしゅ)」と呼んでいますが「創造主(そうぞうぬし)」と呼ぶシータヒーラーもいます。

英語で表現すると、”Creator Of All That Is”です。

 

ちなみに、これは私が後から知識として知ったことですが、創造主は仏教でいえば「大日如来」にあたると考えていいでしょう。

でも、呼び名はなんでもかまいません。

「大宇宙」だろうが、「万物の母」だろうが、「大日如来」だろうが、万物を創造するみなもとを指していると本人が分かっていれば呼び名はなんでもいいのです。「神さま」と呼びたければ「神さま」でもいいわけです。

 

創造主は特定の人格や姿形を持った存在ではありませんし、シータヒーリングでは創造主を下から上を見上げるような、崇拝する形式をとることもありません。

シータヒーリングが、どんな宗教・思想・他のヒーリング手法とも競合せずに共存できる理由もここにあります。

宗教も思想もヒーリングも、結局すべてがこの創造主から生まれているので、同時に存在して当たり前であり、同時に使えて当たり前だからです。

 

シータヒーリングが魔法であり、魔法ではない理由

よくシータヒーラーが誇張して「シータヒーリングを使えば何でもできる」というようなことを言ったり、宣伝文句として「魔法」などと呼んだりするのは、【万物を創造するみなもと】にアクセスする手法であるため、(創造主がヒーリングをおこなうので)論理的に言えば不可能がないと考えるためです。

 

ただ、実際には私たちは三次元の地球上に人間の肉体をもって存在しているので、さまざまな制約が当然あるわけです。

例を挙げれば、それは

  • 「ヒーリングで病気が治るなんてありえない!」というような「ネガティブな信念」だったり、
  • 肉体を丁寧にあつかったり適切に鍛えたりすることを怠る「悪い習慣」だったり、
  • 他人を貶めたり攻撃したりする「徳の低さ」だったり、

するわけです。

 

結局のところ、シータヒーリングが万能な魔法というわけではなく、シータヒーリングを魔法のように万能に使えるようになるには、使い手側にトレーニングやクリアリング、バランス感覚や内面の美徳、適切な行動が必要になってきます。

当たり前と言えば当たり前ですね。笑

 

話がそれました。

ちなみに、シータヒーリングをクライアントとして受ける場合においては、創造主についての理解がまったくなくても差し支えありません。

ただ、プラクティショナー(ヒーラー)側とのあいだの信頼関係は、ないよりあったほうが確実に良いです。「受け取る」ことへの抵抗が少なければ少ないほど、効果が感じられます。

 

すべての癒しと変化は、あなたの自由な意志と選択にもとづいておこなわれるので、

あなたが創造主や神をまったく信じることができなくても、あなたの目の前にいるプラクティショナー(ヒーラー)を信じることができるのであれば、あなたが受けるセッションは何らかの意味があり、何らかの実りがもたらされると私は考えます。

 

シータヒーリングのセミナーを受講する人も同様です。

最初から、「シータヒーリングとは何なのか?創造主とは何なのか?」を知っていなければいけないことは決してありませんし、「スピリチュアルや神様を信じていなければいけないか?」というと、そんなことはありません。

シータヒーリングはあくまでツールです。

シータヒーリングに何らかの可能性を感じる方で、それを使ってみよう、それを使ってもっと良くなっていこう、と前向きに思う気持ちがあれば、それで充分です。

 

他にも、シータヒーリングについて書いた人気記事がこちらです。

シータヒーリングはお金がかかりますか?受講料は高いですか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう