グロテスクなのはいったい誰?

平井堅さんと安室奈美恵さんの『グロテスク』という曲があります。

私はあまり音楽を聴かないのですが、この曲はなぜか前から気になっていました。

そして今日たまたま聴いたところ、
『なんて歌だ!』と驚いてしまいました。
…さすが平井堅さんと安室奈美恵さんですね。

平井堅さん『グロテスク feat.安室奈美恵』の歌詞

冒頭がこんな歌詞です。

> 強者に媚びへつらう僕に 醒めた視線が突き刺さる
> 背中に汗がつたってゆく Someone said 「I hate you」
> あのコの甘ったるい声を かわいいと褒め称えてみる
> 笑い方が死ぬ程嫌い Someone said 「I hate you」
> 素直に生きる美しさを 黒く塗らなきゃ生きられない

ここで出てくる

Someone said 「I hate you」

は、訳すと

誰かが言う、「私はあなたが嫌い」

という意味ですが、

おそらく間違いなく“Someone”も“I”も”you”も同じ人、つまり自分自身のことですね。

私のなかの私が「あんたなんて嫌い」と言っている

自己否定/自己嫌悪を歌っています。

 

では、どっちがどっちを嫌ってるのでしょう?
「強者に媚びへつらう僕」のことを、ダメだって歌ってるのだと思いますか?

私は、どっちかというと逆だと思っています。

黒く塗らなきゃ生きられないから、
素直に生きる美しい自分を、
「出てくるな!お前なんて嫌いだ!」
一生懸命否定して、抑圧しているように聞こえます。

 

リアルな現実を生きているのは、「黒く塗って生きている」ほうの私なのです。
そんな私にとっては、
素直に生きる美しい自分は、表に出せないのです。認められないのです。

つまり、「素直に生きる美しい自分=グロテスク」なのですね。

イメージ画像

続いて、歌詞はこういいます。

> アイツの幸せ喜べますか?
> あのコのもの欲しがってませんか?
> 果たして自分は特別ですか?
> it’s me, why don’t you kill me?

> グロテスクな僕を愛せますか?
> 本当は泣きたいんじゃないですか?
> 今を生きるパスはお持ちですか?
> it’s me, why don’t you kill me?

今度は、「素直に生きる美しい自分」のほうが、反撃するのです。
(実際は反撃じゃないけど)

it’s me, why don’t you kill me?

は、

私だよ、殺してみたら?

という意味です。

 

「素直に生きる美しい自分」は、
どれだけ抑圧されても、どれだけ否定されても、
決して完全消滅することがありません。

それどころか、

「殺してみなよ。私のこと、嫌いなんでしょ?素直に生きる美しい私を、否定したいんでしょ?ほら、やってみなよ」

と挑発しながら、

「本当は泣きたいんじゃないの?」

と揺さぶってきます。

 

自己嫌悪と自己否定のなかでグラグラに揺れているとき、
この歌詞は強烈に響きます。

どおりで、初めてこの歌を聴いたとき、歌詞の意味が分からなかったはずです。
あまりに痛すぎて(笑)、頭と心が理解するのを拒否したのですね。

 

実際に、お客様と接していると、
「素直に生きる美しい自分=グロテスク」と認定してしまっている方はとても多いです。

それくらい、人は「素直さ」が恐いんですよ。

素直の代表といえば、子供です。または、動物たちです。
(虐待など受けていない、純粋無垢な子供や動物)

純粋無垢な子供や動物のように、人を愛せないのです。人を信じられないのです。受け取れないのです。

 

でも、この歌はラストでこう〆ます。

>  あばきだせ、さらけだせ

 

そうなんです。

殺そうとしても、消そうとしても、どうやら「素直に生きる美しい自分」は消滅してくれません。

それだったら、
あばきだして、さらけだしてみるのも、いいんじゃないでしょうか?
というか、いつか、そうするしかなくなる日が来ます。
それが早いか遅いかだけの違いで。

早めにそれを、したほうがいいと個人的には思います。

それをしないと、
あなたのなかの「素直に生きる美しい自分=グロテスク」
いつまでも

「殺してみなよ。私のこと、嫌いなんでしょ?素直に生きる美しい私を、否定したいんでしょ?ほら、やってみなよ」

と挑発しながら、

「本当は泣きたいんじゃないの?」

と揺さぶって、あなたを苦しめ続けますよ。

 

https://marikotanaka.jp/mailmagazine/

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう