セルフ・クリアリングを「楽しい!」と思えるために

真理子です。

 

シータヒーリングを学び始めてすぐの方から
ご質問をいただきました。

「セルフ・クリアリングはいつ/どのくらいやればいいですか?」

 

私からの回答。
「いつでも」&「可能なかぎりたくさん」です。

 

セルフ・クリアリングは、慣れるまでは習慣化するために
私は最初のうちは毎日決まった時間でおこなっていました。

下の子供が0歳の赤ちゃんだったので、お昼寝の時間を
セルフ・クリアリングに充てていました。
だいたい1時間半~2時間くらいでしょうか。

 

イメージ画像

 

私がシータヒーリングの基礎・応用を教わった先生は
とにかくセルフ・クリアリングの重要性を説いてくださる方だったのですが
これは本当に有難くラッキーだったなと思っています。

(先生が言うんだからやろう、と、セミナー直後は
とくに素直に思いますからね♪)

 

ヴァイアナ・スタイバルさんも、
プラクティショナー自らが思い込みに働きかけるクリアリングを
しっかりおこなうようおっしゃっています。

(また、リーディングについては毎日練習することが重要と
おっしゃっています。)

 

私は慣れるまでは特に、セルフ・クリアリングのさいに
掘り下げ内容を紙に書いて進めていました。

「プラクティショナー役」と「クライアント役」の一人二役を
同時にするのですから、
紙に書くのが圧倒的にやりやすかったのです。

 

これは、ご自分のやり方でやっていいと思います。

スマホに打ち込むのが早い人もいるでしょうし、
ボイスレコーダーを使う人もいるでしょう。

脳内で上手に一人二役を切り替えることが
できる人もいるでしょう。

 

セルフ・クリアリングをすればするほど、
練習をすればするほど、
どんどんスピードが増して、多くの思考体系に働きかけることが
できるようになります。

 

そうすると、「楽しい!」と思えるようになるんです。

楽しいことは、大切です。
楽しいことは、どんどん続けていけます。

 

やり方に慣れないうちは、時間がかかります。

でも、ご自分で思考の土台に辿りつく面白さや喜びを知り、
それを置き換えて心と体が軽くなる感覚を
どんどん味わってください。

慣れてきたな、と思ったらしめたものです。
その調子で続けていきましょう。

 

そのうち、
いつでも・どこでも・誰といても・何をしていても
セルフ・クリアリングできるようになります。

頑張ってくださいね。

(ふだんあまり「頑張って」とは言わない私ですが、
これに関しては頑張ってと言っておきます(^_-)-☆)

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう