天体観測するように、自分の心を測る方法

真理子です。

 

自分のスマホ容量がいっぱいと警告が出たので、あわててスマホのデータ整理&削除をおこないました。(しょっちゅう動画や写真を撮るので、すぐいっぱいになります。)

過去6ヶ月位の動画や写真を振り返っていたら、3月に私が友人のとあるセラピーセッションを受けたときの動画が出てきました。
自分自身、この動画を撮ったことも忘れていたので、あらためて見返すのは初めてだったのです。

 

3月の動画の私は、珍しく完全に【お客様/クライアントモード】になっていました(笑)。セラピストが古くからの友人だったせいもあり、完全に、身も心も彼女に委ねていました。

仕事モードではない、【お客様モード】の私は、こんな声とテンポでしゃべるんだなぁ…と、我ながら見ていてかなり恥ずかしかったですが(笑)

それはともかく、“6ヶ月前の私はこんなことを考え、感じていたんだ!(@。@;)” と、私は自分自身がしゃべっていた内容にめちゃくちゃびっくりしました。

 

考えていたことも、感じていたことも、【6ヶ月前】と【今】とではまったく違うのです。

 

人間ですから、違うのは当たり前、変化するのは当たり前です。

髪が自然に伸びるように、皮膚が新陳代謝するように、心(思考、感情、感覚)も当たり前のように変化するのです。変化しないでいることは、無理なのです。

ところが、そのような心の変化については、どれだけ・どのように変化したか【客観的に】本人は測ることができないのです。

(なぜなら、思考も感情もその「刹那(せつな)=瞬間」にしか存在しておらず、「認識対象「物」」として正確にとらえることができないからですが、そもそも、“「私」が「私」を認識する” というのは、主語と目的語が同じなので理屈として無理があるわけです。)

 

ですが、こうして動画を撮って見てみると(個人セッションのような、心を裸にするような内容の動画だと特に)「過去の私」を客観的に観賞することができるので、自分がいかに変化したか、はっきりと知ることができます。

「今の私なら、こう答えることはない」
「今の私なら、こう答えるだろう」
「今の私は、これを辛いとは感じないだろう」

etc.…

少なくとも、今回の動画観賞は、

【3月に抱えていた問題や課題を、私はすでにクリアできている】

ことを、私に教えてくれました。

 

イメージ画像

 

私のお客様で、私のことを「定点観測」と呼んでくださる方がいらっしゃいます。

男性のお客様ですが、

「私自身が忘れてしまっていることを、あなたは覚えてくれている」
「あなたが【前は○○とおっしゃってましたね】と言ってくれることで、自分がいかに変化できたか、成長できたか、分からせてくれるんです」

と、感謝とともに伝えてくださいました。

私は取り立てて記憶力が良いというわけではないですし、セッション内容をすべてメモに取っているわけではないですが、「お客様がおっしゃった内容」と「そのときのお客様のご様子」はこと細かく覚えています。そしてそれを必要に応じてお客様にお伝えしています。

 

もしかしたら、このお客様にとっては、私の価値は「癒し」や「カウンセリング」よりも、この「定点観測」的存在にあるのかもしれません。

 

自分で自分の変化は分からなくても、覚えていなくても、私は、あなたの定点観測になります。
ですから、どうぞセッションでは安心して思いのたけをしゃべり、そして忘れてください。

また、もしご希望とあらばご自分のスマホやカメラ等を持ち込んでいただき、セッションを最初から最後まで録画・録音していただいてかまいません。

 

今回の私のように、または私のお客様のように、
自分の変化がただ分かるだけで、それが大きな自信・勇気・励ましになるかもしれません。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう