シータヒーリングはお金がかかりますか?受講料は高いですか?

イメージ画像

 

以前、初めて知り合った方に私がシータヒーリング®のインストラクターだと伝えたところ、シータの基礎DNAセミナーについて質問されました。

受講料について聞かれたので

「3日間で45,000円(当時)です」とお答えしたところ(現在は価格が改定されて62,000円です)

「思ってたより安いんですね。シータヒーリングってお金がかかると聞いていました」

と言われました。私はびっくりして逆に「そうなんですか?」とお聞きすると、

「何百万円もかかると聞いたんです」

とのこと。

 

なるほど、シータヒーリングを学ぶのに何百万円もかかるなんて(真偽はともあれ)学ぶ前に聞いてしまったら、お金がかかる!と思ってしまうのも無理はありません。

この記事では、シータヒーリングのセミナー受講について、特に受講料とからめて書きたいと思います。

※この記事は執筆時点(2017年11月)において筆者が確認できる範囲内で記述したものです。
当記事の情報について、筆者は正確性等何も保証いたしません。当情報をご利用になった結果、何らかの損害やトラブルが生じたとしても、筆者は一切の責任を負いません。ご利用は自己責任でお願いいたします。

基礎セミナーはその値段の価値があるか?

シータヒーリングの基礎DNAセミナーは3日間で62,000円、応用DNAセミナーも3日間で62,000円です。
これは、日本全国どのインストラクターから受講しても同じ価格です。この価格には消費税も教材費も含まれています。

シータヒーリングの基礎理論および基礎技術については、この基礎+応用によってカバーされています。上級クラスに進んで学ぶ内容は、この基礎+応用で学んだことがベースとなっています。

 

私個人としては、

「この基礎+応用で学べる内容は、とても濃くて、めちゃくちゃ使える」

と思っています。

「しっかり教えてもらって」
「しっかり学んで」
「セミナー後もしっかり使い続ければ」、一生モノのスキルです。

このクオリティの内容を、6日間(3日間+3日間)かけて合計12万4千円で学べるなんて本当にリーズナブルだと本気で思っています。

正直、安すぎると思うくらいです。
世の中には、もっと高額なのに中身がスッカスカのセミナーもたくさんありますから。

 

さて、「シータヒーリングによって心や体、現実がどのくらい変化するか?」は、その人次第です。

学んでみないと分からないと思うかも知れませんが、実際的なことを申し上げると、「学ぶ」と決めた時点で変化や成長は始まっています。セミナーを受けて「こうなりたい」「これを修得したい」という目的がはっきりあればあるほど、それに近づくのです。

 

なので、セミナーに興味があるものの、迷いや疑問があるならば

  • まずは個人セッションを受けてみる
  • シータヒーリングの本を読んでみる
  • セミナーについてインストラクターに色々と質問してみる

ことを強くお勧めします。
どうせお金と時間を投資するなら、しっかりプラスにして回収したいですよね。

応用セミナーより上の、上級セミナーを受けるべきかどうか?

基礎セミナーだけを受けて、それ以降のセミナーは受けないという判断ももちろん「アリ」です。

また、基礎+応用を受けて終わりでもいいのです。

 

すべてのセミナーはそれぞれ意味を持って作られているので、「さらに上級のセミナーを受けたほうがいいのかな?」と悩むこともあるでしょう。
(ここでの上級とは、インチュイティブ・アナトミー以上を指します。)

そして、「受けたほうがいいか?」と人にアドバイスを求める場合、質問する相手はそれを受けたことのある人や教えている人になることが多いでしょう。

 

ですが、一人の人間が「受けた場合」と「受けない場合」の両方を体験することは不可能なので、厳密な意味で、「受けた場合と受けない場合」を比較してお話することはできません。

そして、質問相手がそのセミナーで深い学びを得たり、大きく成長した実感を持っているような場合は、「受けたほうがいい」と言う可能性が高いです。

(実際に私自身もそうでしたが、シータヒーリングの上級セミナーでは、深い学びが得られ大きく成長した実感を持つことが多いです。)

 

とすると、

  • 「今の自分」を、自分自身でどのように思っているのか?
  • そのセミナーで何を学べるのか?
  • そのセミナーを受講した後、自分自身がどうなっていたいのか?

をしっかり見極め、結局は自分で決めていくしかありません。

それを決める過程では、直感も大切ですし、他人の感想や評判も参考になるでしょう。また、どのインストラクターから受けるかも重要な選択要素になります。

認定称号「サイエンス」、「マスター」とは何か?

さて、シータヒーリングにおいて、表彰される認定称号として「サイエンス」「マスター」という言葉があります。

これは、下記のコースを修了した場合に認定されるものです。ちなみに「サイエンス」と「マスター」では、「サイエンス」が上位です。

シータヒーリング・マスター

以下のセミナーのすべてを受講することで、シータヒーリング・マスターとしてシータヒーリング本部にて認定されます。

  • プラクティショナーコース
    • 基礎DNA
    • 応用DNA
    • ディグディーパー
    • 豊かさと願いの実現
    • インチュイティブ・アナトミー
    • ワールドリレーションズ
    • 病気と障害
  • インストラクターコース
    • 基礎DNAインストラクター
    • 応用DNAインストラクター
    • ディグディーパーインストラクター
    • 豊かさと願いの実現インストラクター
    • インチュイティブ・アナトミーインストラクター
    • レインボーチルドレンインストラクター

※それぞれのセミナーの修了または認定が有効期間内であることが必要

シータヒーリング・サイエンス

以下のセミナーのすべてを受講することで、シータヒーリング・サイエンスとしてシータヒーリング本部にて認定されます。

  • シータヒーリング・マスター
  • DNA3
  • 病気と障害インストラクター
  • ワールドリレーションズインストラクター
  • DNA3インストラクター

※それぞれのセミナーの修了または認定が有効期間内であることが必要

 

「シータヒーリングはお金がかかる」と言われる理由

インストラクターになるためのセミナーは、創始者ヴァイアナ・スタイバルさん自身(または彼女が特別に認定した人)によるセミナーになります。

なので、日本で開講されるヴァイアナさんの来日セミナーを受講しないのであれば、世界各地で開催されるセミナーを受けに行く必要があります。

 

記事の冒頭で私の知人が話していた「何百万円」という数字は、おそらくですが、「サイエンス」「マスター」という称号を得られるまでに、セミナー受講料および渡航費等を計算していった結果を指しているのだろうと思います。

 

各セミナーの受講料については、プラクティショナーコースは一律で価格が決まっており、こちらに掲載されています。

(例: インチュイティブアナトミー287,000円、ワールドリレーションズ116,000円 等)

 

また、インストラクターコースは開催地によって異なります。詳細は、英語表記ですがこちらに掲載されています。

たとえば、2018年1月にメキシコで開催される基礎、応用のインストラクターセミナーは

基礎DNAインストラクター $1,615 USD
応用DNAインストラクター $1,440 USD

となっているようです。

ちなみに、2018年4月には、ヴァイアナ・スタイバルさんの息子さんが来日して、東京でインストラクターコースが開催されることが発表されています。(基礎DNA・応用DNA・ディグディーパー・ソウルメイト

 

「学び」と「お金」の関係

さて、「お金がかかる」についてですが、

「お金がかかるから、受けたいけれど受けられない」

「お金がかかるから、受けたいけれど受けるのをやめる」

というのは、すでにそれ自体が、自分の成長や行動を阻む思考パターンになっています。

 

本当に受けたいと心から望むのであれば、受けることができます。

「お金がかかるから」という理由は、「受けられない」「受けない」ことを正当化する理由になっているだけの場合があるのです。

 

でも、「じゃあ借金してでも受けるべきなのか?」というと、それはそうとも限りません。

結局、上で書いたように

  • 「今の自分」を、自分自身でどのように思っているのか?
  • そのセミナーで何を学べるのか?
  • そのセミナーを受講した後、自分自身がどうなっていたいのか?

をしっかり自分に向き合って、答えを出して決めていくしかないのです。

自分の人生は、自分で決めて自分で責任を取るしかありませんから。

 

その意味でも、信用できる情報にリーチして、真実と真価を「見極められる」ようになることが大変重要です。

 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう