【ラジオ・インタビュー①】私がヒーラーになった理由

プロフィール写真

先日、「スピリチュアルを仕事にする!」というWebラジオ番組にゲスト出演させていただきました。

インタビューにお答えする形で、

  • 私がなぜスピリチュアルヒーラーになったのか?
  • 具体的な仕事内容は?
  • プライベートと仕事の両立はどんな感じ?

など、かなりざっくばらんにお話ししています。

 

この番組で初めてのゲストとして登場させていただけたこと、そして合計で9回も登場させていただけたこと、至極光栄です。

初回放送分はこちら ⇒ スピリチュアルを仕事にする!第10回「現役ヒーラー登場! ゲスト:田中真理子さん(第1回)」

ぜひ、番組自体をお聴きいただきたいですが(私の生の声や会話の様子を聴いていただけるので、セッションを申し込む際に、「こんな人なのか」と参考になるかもです)文字でも読める状態にしておくと、そのまんま私の自己紹介になると思ったので、文字起こししました。

インタビュー部分のみですが、ぜひご覧ください。

 

 

Q:ご紹介しましょう、田中真理子さんです。よろしくお願いします。

「よろしくお願いします。」

 

Q:田中さんは、最初は心理カウンセリングを学ばれていたんですよね?カウンセリングを始められて、いまはヒーラーという形で活動しているんですか?

「はい。いまはスピリチュアルヒーリングがほとんどお仕事のメインになっています。」

 

Q:ヒーリングの前にカウンセリングを学ばれていたというのは、何かきっかけがあったのですか?

「きっかけとしては、私は新卒で入った会社を2年半で退職しているんですが、(その理由として)その会社がとても実力主義で、私は結果を出せなかったということがあり、そのとき心を病んでしまって…
それを治すというか克服するために、心理カウンセリングを受けていた時代がありました。
そのとき、心理学や心理カウンセリングに興味を持ったのがきっかけです。」

 

Q:まずは自分自身がクライアント(お客さん)側として、カウンセリングを受けていたのですね。受けてみてどうでしたか?

「正直なところを言うと、気休めにはなったし、自分を整理して見つめ直す良いきっかけにはなったのですが…『克服する』というところまでは至らなかったです。」

 

Q:そのあと、心理学に興味を持って、自分がカウンセリングを「やる方」を学んでいくようになった、ということですか?

「そうですね。実際自分が受けた心理カウンセリングには、それほど効果を強く感じてなかったですが、心のメカニズムを理論として教わったり分析したりすることはとても面白かったですし、それは日常生活の中でも役に立ったので、勉強したい!と思って、心理カウンセリングのスクールに通いました。」

 

Q:スクールに通うようになった時点では、別にその分野でプロになろう、と思っていたわけではなかったのですか?

「正直なところを言うと、なろうと思っていなかったわけではなくて…。もっと言うと、医学部に入り直して精神科医になろうか?ということも考えていました。ところが、自分のそのときの年齢が20代後半で、結婚願望がとても強かったせいもあって、いまから大学に入り直したら結婚・出産が難しくなるんじゃないか…と思ったので、その道(医学部)は諦めました。」

 

Q:ということは、(医学部に行くよりは心理カウンセラーになる方が)多少現実的と感じた、ということでしょうか?

「はい、その通りです。ただ、『心理カウンセラーになりたくない、わけではない』…という、ちょっと歯切れの悪い言い方になってしまうんですが、結局、『自分が心理カウンセラーとして最終的にデビューしなかった』という点で、最初から最後まで、迷いがずっとあったんだと思います。(それに比べて)ヒーラーとしてなることを決断したのは瞬時でした。」

 

Q:そうなんですね。長いあいだ関わっていたのに、心理カウンセラーとしてはプロデビューをずっと迷っていたんですね?

「はい。そうです、その通りです。迷っていました。」

 

Q:その迷いは、どういう原因だったんですか?

「迷いの原因として一番大きいのは、心理カウンセリングという手法が、会話を主体に進めていくものなので、どうしても『クライアント本人が気づいていく』という部分に時間がかかるのと、実際に(問題の)原因を特定して、日常生活で原因から解放して人生を変えていく…という最初から最後までのプロセスに、とても時間がかかるのが私にとってはネックでした。」

 

Q:「時間がかかる」がネックだったんですね。でも、ヒーラーになる決断は瞬時だったとおっしゃいましたよね?それはなぜですか?

「私が初めてヒーリングに出会ったのは、私の親しい友人がヒーリングを学んで、セッションを提供し始めたからです。私はほとんど興味がなかったにもかかわらず、その人がやってくれるんだったら受けてみたい!という軽い動機で受けました。そのセッションで、自分自身の体感として『なんだこれは!?』という大きな変化を感じて、その後の自分自身の日常生活も大きく変わり始めたということがありました。瞬間ヒーリングの威力を目の当たりにしたことが大きいです。受けた直後に私も学びたい!と感じて、すぐにインターネットで、教えてくれる先生を探し始めました。」

 


初回放送はここまでです。引き続き、第2回以降も文字起こしをしていきます。

ちなみに第2回の放送はこちらです。⇒スピリチュアルを仕事にする!第11回「現役ヒーラー登場! ゲスト:田中真理子さん(第2回)」

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう